看護助手の資格取得支援制度について

資格取得支援制度ってなんだろう?

あちこちで言われている「資格取得支援制度」とはどんなものなのでしょうか?

 

「資格取得支援制度」とは、企業が働いている従業員のスキルアップを応援する制度のこと。資格を取得するためには、費用もかかりますし時間も必要になりますよね。

 

資格取得支援制度では、そういった個人の負担を会社がサポートをしてくれます。

 

仕事の中には、資格を持っていることで個人ができる仕事の幅が広がるものもあり、資格をとってもらうことで会社にとっても有意義な仕事をしてもらうことができるというのが「資格取得支援制度」の意義のようです。

 

どんな資格に資格取得支援制度が適用されるの?

どんな資格に資格取得支援制度が使えるのかは、その企業によります。

 

どの資格でも資格取得支援制度が受けられるというわけではなく、あくまで「企業にとってかかわりがあるものであること」「その資格を従業員が取得することで、企業にとってもメリットがある」というものに限られるようですね。

 

例えば、派遣を行っている企業では登録しているスタッフが資格取得支援制度を利用して、資格取得をすることができるようにしています。

 

派遣と言うとさすがに業種も幅広いので、「インテリアコーディネーター」「宅地建物取引士」「ITパスポート」など色々な資格に資格取得支援制度が適用されますので、自分が可能性を広げてみたい分野の資格を選んでチャレンジすることができるといいですね。

 

看護助手に資格取得支援制度は使えるのか?

もし、働いている病院や施設などが資格取得支援制度を実施していて、その中に看護助手の資格が含まれていれば資格取得を応援してもらえる可能性があります。

 

また、もしかすると働いているところで看護助手の資格取得をさせてくれる可能性もありますので、きいてみるというのも手です。

 

ちなみに、介護の業界では介護職員初任者研修などの資格を資格取得支援制度で取得させてくれることがあるそうなので、医療や介護の世界では資格取得支援制度がわりと行われているようですね。

 

自分が働きたいと思っているところで資格取得支援制度が行われているのかどうかをチェックされることをお勧めします。

 

また、これから働きたいと思っている人は資格取得支援制度があるところで働いてみることを考えてみてもいいのではないでしょうか。