看護師と准看護師の違いとは?

准看護師ってどんな仕事?

准看護師がどんな仕事なのかを説明する前に、「看護師(正看護師)と准看護士の違い」を説明しなければなりません。

 

看護師(正看護師)と准看護師は混同されることも多いのですが、まったく違う資格なので注意が必要です。

 

まず、看護師(正看護師)というのは厚生労働大臣が認可を行っている「国家資格」。

 

対して准看護師は都道府県知事が認可を行っているもので「公的資格」になります。

 

また、看護師が医師の指示なしに医療行為をすることができるのに対し、准看護師は医師もしくは看護師の指示ありきでの医療行為になりますので、この点も大きな違いになりますね。

 

この「医療行為ができる」ということが、看護師と准看護師の大きな特徴になります。

 

では、看護助手と准看護師の違いは?

准看護師が「医師や看護師の資格があれば医療行為ができる」のに対し、看護助手の場合は医療行為をすることができません。

 

看護助手の仕事はあくまで「看護師や准看護師の仕事の中でも、医療行為にならないもの」に限られます。

 

例えば、入院している患者さんの食事の介助。お風呂のお手伝いなどがそれに当たりますね。

 

看護師が本来の業務である医療行為に専念することができるように、雑用にあたる部分を引き受けるのが看護助手の仕事であると考えて下さい。

 

どんな仕事をするのかは、働く病院によって違いがあるそうなのでそのあたりは調べないといけませんね。

 

医療行為をすることはできませんが、看護師の仕事を手伝って仕事がスムーズに回る様に調整をしていく大切な仕事です。また、患者さんに触れる機会も多い仕事になりますので、笑顔で患者さんに接し不安を取り除いてあげられるような人が看護助手に向いています。

 

医療の現場で患者さんや医療関係者のサポートをしていく看護助手の仕事は、看護師が本来の業務に集中するために必要な存在です。

 

できれば、必要なことは何か?をとっさに判断してフォローができる人に目指してほしい職業ですね。

 

やりがいも大きく、今後医療業界での活躍も期待される職業です。