看護師と看護助手の違いとは?

勘違いされやすい看護師と看護助手

名前が似ているためか、看護助手と看護師の資格はしばしば誤解されることがあるようです。看護師と看護助手はまったくの別物であり、一緒に語ることはできません。

 

その違いについてお話をしていきましょう。

 

看護師にも「看護師(正看護師)」「准看護師」の2種類がある

まず、看護師には「正看護師」「准看護師」の2種類があります。この2つも混同されやすいですが、まったく別の資格ですので注意してください。

 

看護師(正看護師)

厚生労働大臣が免許を発行している国家資格です。

 

准看護師

都道府県知事が免許の発行を行っている公的資格になります。

 

大きな違いは、「看護師は医師の指示がなくても医療行為をすることが可能ですが、准看護師の場合は医師もしくは看護師の指示がなければ医療行為をすることができない」ということ。

 

免許の違いも大きいですが、実際にできることにも差があります。また、看護師と准看護師ではお給料に違いがあることも珍しくありません。

 

お給料やできることの範囲を考えれば看護師を目指すことをお勧めしますが、取得するまでの時間などを考えて准看護師を目指すという人もいるようです。

 

看護諸種と看護師(准看護師)の違いとは?

ズバリ、「医療行為をすることができるかどうか」が違いです。

 

看護師もしくは准看護師は、条件の違いはあれ「医療行為をすることが許されている職業」となりますが、看護助手の場合は医療行為をすることができず、それ以外の仕事を手助けすることになります。

 

例えば、入院患者の食事の介助や入浴のお手伝いをするのが看護助手ですね。看護助手の仕事自体は資格がなくてもできるものになりますので、資格がないとなることができない看護師とはそこも大きな違いになりますね。

 

看護助手の仕事をやってみて、そこから看護師の仕事に興味をもち、実際に看護師の資格を取得したという人もいるそうなので、看護助手の仕事はいろいろなきっかけとなるものなのかもしれません。