看護助手の仕事の魅力とは?

医療業界のサポート的立ち位置として、注目されつつある看護助手。お年寄りの増加に伴い、介護施設が全国に増えていますよね。

 

介護施設でも看護師を必要としているため、今は看護師の需要がとても高まっていると言われており、あちこちで看護師不足が叫ばれています。

 

看護師が足りなくなっているため、少ない看護師で業務を回すことができるように「雑務は看護助手にまかせて看護師は本来の医療行為に専念する」というやり方も浸透しつつあります。

 

そこで、看護助手の仕事が注目されつつあるのです。

 

看護助手は医療行為をすることはできませんが、看護師のかわりに患者さんの食事の介助をしたり、シーツ交換をしたりということはできます。

 

このような業務を看護師の替わりに担うことで、看護師の負担が減り、本来の医療業務をすることができるようになる、ということでしょう。

 

医療業界をサポートする力になれる

看護助手は医療行為をすることはできないものの、それ以外のところで患者さんをサポートします。

 

患者さんの身の回りのお世話をしたり、院内の清潔を保つために掃除をしたり、それは医療行為を支える立派なお仕事と言えるのではないでしょうか。

 

働いているうちに「自分も医療業界を支える一員なんだ」という自覚が出てきて、働くことに生きがいを感じる人も多いですし、またそこからステップアップして「自分も看護師になって医療行為ができるようになりたい」と考える人もいます。

 

働いているうちに、とても大切なことを学べるお仕事でもあります。

 

人の役に立てる仕事です

医療は人のためにあるもの。その一端をお手伝いする看護助手のお仕事をしているうちに、医療の大切さと人の役に立つ仕事の重要性を学べるようになるはずです。

 

ご飯を食べることを手伝うこと、お風呂の介助をすること。すべて、人が生きるための作業になります。そういった仕事ができるということは、やりがいと充実感を感じられるのではないでしょうか。

 

「人の役にたてる仕事をしたい」、そう考えている人にオススメしたい仕事です。