看護助手の資格取得にかかる費用はどれくらい?

看護助手になるには、いくらかかるの?

看護助手の資格をとりたい!と思った時、やはり気になるのは費用です。看護助手の資格をとるには、どの程度の費用がかかるのでしょうか。まとめてみました。

 

看護助手講座+資格試験の累計金額

看護助手の資格を取得したいと思った時、やはり「講座を受講して資格をとりたい」という人が多い様です。そうなると、重要になってくるのが講座にかかるお金ですよね。

 

どの講座にどのくらいのお値段がかかるのかについて、調べてみました。

 

ヒューマンアカデミー

まず、誰もが知っている大手通信講座サイト、「ヒューマンアカデミー」。ヒューマンアカデミーでは、「全国医療福祉教育協会」が認定している看護助手講座を開講しています。

 

もちろん、「全国医療福祉教育協会」のテキストを使っての学習になりますので、この協会の看護助手講座を受けたいと考えている人にオススメです。

 

・費用:36,000円
・期間:3か月(6か月まで延長可能)
・添削回数:3回
・送付内容:DVD5枚,講座テキスト2冊,確認テスト2冊,修了認定試験1冊,学習ガイド1冊

 

講座を修了すると、看護師助手実務能力認定研修修了認定がもらえます。この認定後に全国医療福祉教育協会の看護助手実務能力認定試験を受けると以下の金額がかかります。

 

・一般受験:7,500円
・団体受験:7,000円
講座を受ける→一般受験で合格する→43,500円になります。

 

ユーキャン

こちらも大手の通信教育講座。おそらく名前を聞いたら誰もが「知ってる!」と思う通信講座なのではないでしょうか。そんなユーキャンでも、看護助手講座が行われています。

 

・費用:36,000円(分割払い:3680円×10回=36800円)
・期間:3か月(標準)
・教材:メインテキスト3冊,用語・資料集(カリキュラムを見たい人には無料で資料を送付してくれます。また8日以内であれば、返品も可能です)
※資格認定料は別途必要になります。

 

ユーキャンの大きな特徴として、「受験が不要である」ということがあります。

 

一般的に、講座を修了したあとに資格試験を受けて合格して資格取得ができますが、ユーキャンの場合は受験をしなくても講座修了後に申請をすれば資格をもらうことができます(認定料は別にかか
りますが)。

 

なぜなら、ユーキャンのカリキュラムが「全国医療福祉教育協会」に認定されているため。なので、もし「試験を受けたくない」という人がいたら、こちらの講座を受講されることをお勧めします。

 

メディカルケアワーカーR

一方、こちらは看護助手の資格の中でもメディカルケアワーカーRです。こちらは、協会の認定校で講座を修了した人だけが受験できる資格です。ここでは、2級をご紹介します。

 

・費用:39,000円
・期間:4か月
・2級受験にかかる費用:7,700円
⇒合計46,700円

 

このとおり、メディカルケアワーカーの場合は他の口座に比べてかかる費用が若干高め。安さで言ったらユーキャンが一番安いですね。

 

ただ、値段だけではなく「どこの講座を受講したいか」「どの看護助手試験を受けるか」を見極めることが必要です。