看護助手の年収はどれくらい?

すぐにでも医療現場で活躍したくて、看護助手の仕事をしようとされる方もおられるでしょう。

 

または、看護師の資格取得を目指しながら、看護助手として働き、とにかく医療の現場に携わりたいと思っている方もおられるでしょう。

 

ところで、比較的経済的に安定している看護師と同じ職場の看護助手の年収は、いったいどれくらいのものなのでしょうか?

 

気になる看護助手の年収とは?

看護助手として病院で働くのであれば、勤め先によっても異なりますが、月収が低いところで13万円から15万円ほどとなり、条件の良い勤め先であれば月収が20万円以上のところもあるでしょう。

 

また、夜勤がある場合にはそれ以上に月収が高くなる傾向があります。

 

また、正社員として看護助手になるのであれば、ボーナスもあるでしょう。
ですから、看護助手の年収はおよそ250万円台から300万円台ほどとなります。

 

看護助手は、体力的にも身体的にもかなりタフでなければ勤まらない仕事ですが、それを考えるのであれば、意外と低い年収であると言えるかも知れません。

 

看護助手をして生活をすることは可能?

看護助手として病院で働きながら、生活をすることは十分可能でしょう。

 

年収を見る限りでは、看護師のほうが良いでしょうが、命に対して責任ある仕事を任されているか、そうでないかの差であると考えることができるでしょう。

 

正社員の看護助手として働くのであれば、他の一般企業と同じか、それ以上の収入を得ることになるでしょう。

 

ですが、看護助手の仕事をパートやアルバイトとして行う場合には、仕事内容だけではなく、実際に生活するのもなかなか大変なものになるかも知れません。

 

非正規雇用であれば、ボーナスももちろん支給されることはありません。そして、時給1000円ほどで働かなくてはならないようになるでしょう。

 

そのため、もしも看護助手として転職先や就職先を見つけたいと思うのであれば、できる限り正社員で働ける病院や施設を選んだほうが、年収はまだ安定していると言えるでしょう。