看護助手|資格の種類にはどんなものがある?

転職や就職に有利に働く資格を取得しようと思う方であれば、どの資格が一番社会的に認知度が高いか、どの資格が社会に通用する資格かを気に掛けることでしょう。

 

これから看護助手の仕事を始めたいと思っている方で、資格取得を目指す方であるなら、どの資格を取得すると良いか悩まれるのではないでしょうか?

 

現在のところ、看護助手の資格の種類としてあげられるものは、全国医療福祉教育協会が認定している看護助手の資格があります。

 

また、メディカルケアワーカーという看護助手の資格も存在しますが、こちらはレベルによって1級と2級に分かれている場合があります。

 

そして、メディカルケア・アシスタント評議会が認定している看護助手の資格である、メディカルケア・アシスタントという資格も存在します。

 

どの資格を取得すると良いのか?

看護助手の資格の種類は、上記のようにいくつかありますが、どれを取得すれば良いのでしょうか?

 

実際のところ、看護師の様に国家資格ではないため、看護助手になるための資格取得は絶対条件ではありません。

 

医療現場で働いたことがない方であっても、受け入れ先の病院さえあれば、すぐに看護助手として働くことができます。

 

しかしながら、まったく知識のない未経験状態で看護助手の仕事を始めるなら、仕事にとまどいを感じることも多々あることでしょう。

 

そのため、看護助手の資格取得の勉強をするなら、基本的な知識がすでに身に付いているために即戦力として働くことができるでしょう。

 

そういったことを考えるならば、現在のところはどの看護助手の資格でも、自分に合ったものを選んで取得することができると言えるでしょう。