看護助手の仕事|どんな知識が求められる?

注射をしたり、点滴を打つことなどは仕事に含まれない看護助手の仕事。

 

しかしそれでも、医療の現場で活躍する仕事として、たくさん覚えることはあるでしょうし、身に付けなければならない知識もあるでしょう。

 

看護助手に求められる知識とはどのようなものなのでしょうか?

 

どんな知識が必要になるの?

まったくの未経験や資格保有者ではなくても、看護助手の仕事を行うことはできます。

 

しかし、資格取得のための勉強などをしなかった方は、実際に看護助手の仕事に就いてから、覚えることの多さに圧倒されることもあるでしょう。

 

それでは、看護助手にはどのような知識が求められるのでしょうか?

 

病院によってまったく仕事内容が異なることもある看護助手ですが、医療の現場で医師や看護師をサポートする仕事であるため、専門的な医療用語や医療器具について知っておく必要があるでしょう。

 

そうしなければ、指示を与えられたときに、すぐに仕事に取り掛かることができないからです。

 

医療行為はしなくても知識があると仕事に役立つ

医療の現場で働いているため、直接医療行為はしなくてもある程度基本的な知識を身に付けておくならば、必ず役立つことになるでしょう。

 

入院患者さんの食事介助や入浴補助など、病気についての知識や介護についての知識があるなら、医師や看護師の指導に基づきながら、適切かつスムーズに行うことができます。

 

基本的には、看護助手の仕事は、いつも判断や指導を求めながら行う業務がほとんどとなるでしょう。

 

しかし、忙しいときなどには、慣れている業務であれなら自らの判断に任せられることもあるかも知れません。

 

そんなとき、それまでの知識がきっと役立つことでしょう。将来的に看護師になる予定はなくても、人の命を預かる現場で働く者として、基本的な医療知識を身に付けるのは必要なことと言えます。

 

そのため、看護助手の資格取得の勉強を行っておくならば、基礎を学ぶことができるので、安心して仕事に就くことができると言えるでしょう。