看護助手の通信講座で受講する内容

看護助手の仕事内容って?

看護助手は、看護師のサポート的な役割を果たす職業のこと。看護師が行う医療行為をすることはできませんが、それ以外の多くのサポートを担います。

 

今は全国的に看護師の数が減少しつつあると言われており、看護師が医療行為や医師のサポートに専念するためには看護助手のサポートが必要になるということですね。

 

では、看護助手になるためには具体的にどんな学習が必要になるのでしょうか。

 

実際に講座で学ぶ内容

「ソラスト」で開講されている「メディカルケアサポーター看護助手養成講座」では、以下のことを講座に組み込んで学べるようにしているようです。

 

医療について、看護について

その中で看護助手が果たす役割について

 

患者さんに対して、看護助手が行うことができることについて

看護助手が患者さんに行うことができることを学びます。ベッドメイキング、患者さんの食事のお世話や体を拭くこと、排泄のお手伝いなど、「患者さんにしてあげられること」を学びます。

 

看護師(医療従事者)のお手伝いについて

看護助手は医療行為をすることはできませんが、それ以外のお手伝いをすることはできます。なので、具体的にどんな仕事ができるのか・その仕事のやり方などを学んでいきます。

 

これらのふたつを学ぶことは、看護助手の仕事を理解することにつながりますし、また即戦力として現場で働くことができる足掛かりになるのではないでしょうか。

 

看護助手の資格は、その資格がアピールになるということだけでなく、その仕事内容を自分がしっかり学ぶことができるという意味で大きなメリットがあります。

 

看護助手は資格がなくてもできる仕事ではありますが、専門的な仕事のお手伝いをすることになりますので、やはり「どんな仕事をするのか」「どんな風にお手伝いをするのか」を知っておくにこしたことはありません。

 

通信講座で学ぶことは、そのまま実践にも役立てることができる。だからこそ、通信講座で学ぶことの意味は本当に大きいものとなります。

 

看護助手という医療業界の手助けをする仕事では、なおさらその意味が重いものとなるでしょう。