最安で看護助手の資格を取得するには?

一番安くしたいなら独学

もしあなたが看護助手の資格取得を目指していて、「一番安い金額で資格を取りたい」と考えているなら、どういったコースを選べばいいのでしょうか?

 

ここで、一番安く済む看護助手の資格取得についてお話をしてみたいと思います。

 

最安値は独学→資格受験

なんといっても、費用を一番安く済ませる方法は独学です。「全国医療福祉教育協会」の看護助手実務能力認定試験だと、誰でも受験をすることが可能になります。

 

なので、テキスト代(これは自分で購入)と受験料さえあれば合格できることになります。

 

・「全国医療福祉教育協会」看護助手実務能力認定試験⇒受験料:7,500円

 

恐らくはこれが最安値であると思われます。

 

講座を受けて合格したい場合は?

とはいえ、独学で勉強をするということはとっても大変なこと。

 

自分でテキスト選びからこなさなければならないだけでなく、自分で勉強への気持ちを維持しなければならない難しさもあるため、一人で勉強をするというのは大変なことです。

 

そこで、多くの人が講座を受講して、講座の力を借りて受験に挑んでいます。

 

看護助手に関してはいくつかの講座がありますが、「できるだけ安く資格を取得したい」という場合はユーキャンの看護助手講座がオススメ。

 

ユーキャンは「全国医療福祉教育協会」にカリキュラムの認定を受けているため、受験をしなくても講座終了後に申請をすれば「全国医療福祉教育協会」の看護助手資格をもらうことができます。
つまり、受験料が必要ないので安く済むということですね。

 

ユーキャンの看護助手講座受講料金は36000円になります。認定料が別にかかりますが、かかったとしても試験を受ける手間に比べたら料金は安いと言えます。

 

資格では恐らくこれが最安値ではないでしょうか。

 

ただ、料金だけでなく「自分がどういうルートをつかって試験に合格したいのか」を考えて、どのルートで資格取得をするのかを考えてみてください。

 

自分に合った方法で資格取得をするのが一番いいので、吟味したうえで講座を選ぶのが一番いいです。