看護助手とは?

病気や怪我の治療から患者さんのお世話まで、様々な分野の仕事がある病院ですが、そんな病院を働く場所とする仕事のひとつに、看護助手という仕事があります。

 

看護師と混同されがちな看護助手の仕事ですが、いったいどんな仕事をするのでしょうか?

 

看護助手とは?

看護助手の仕事は、多岐に渡ることがあります。働く場所によっても異なるでしょうが、多くの場合は、病院内に入院している患者さんのお世話をすることになるでしょう。

 

介護や介助の必要な方のサポートをし、食事から入浴、病院内の移動などのお世話をします。また、シーツを取り替えたりなど、清掃の分野でも活躍することになるでしょう。

 

しかしながら、患者さんの身体に障って行われるお世話を看護助手に任せていない病院なども存在します。

 

そういった病院では、医療器具の準備や書類を届けたりなど、治療や医療行為、そして患者さんの命に関わらない仕事を任されることになります。

 

いずれにせよ、勤め先の病院によってある程度内容が変わってくる看護助手の仕事ですが、看護助手の仕事に就くための覚悟として、医療行為以外はなんでも行う心構えで仕事に臨むことが大切でしょう。

 

そうすることで、医師や看護師たちが、自分たちの仕事により集中できるような環境を作ることができ、病院内でのそれぞれの役割にもっと責任を持てるようになると言えるでしょう。

 

看護助手と看護師は違う?

簡単に看護助手と看護師の違いをあげるならば、国家資格であるかそうでないかの違いをあげることができるでしょう。

 

民間の資格である看護助手は、注射などの医療行為を行うことができません。一方、看護師の仕事は、主に医療行為によって医師をサポートすることにあります。

 

しかし時には、看護師よりも患者さんの声に耳を傾ける機会が多い為、より人間らしいケアを入院中の患者さんに施すことができると言えるでしょう。

 

同じ病院という職場ですが、看護助手と看護師の仕事は似ているようで、まったく違うということを理解しておく必要があるでしょう。