看護助手の資格とは?

看護師のサポート的な役割を果たす資格です「看護助手」とは、看護師のサポート的な役割を果たす仕事の資格です。

 

看護師は医師のサポートを行う職業であり国家資格ですが、現在は看護師の数が減っているとも言われ、病院によっては看護師の数が足りないケースも多くなっています。

 

このため、本来であれば看護師が行っていた細かい仕事を担う役割として「看護助手」が注目されるようになりました。

 

看護助手は、患者さんの付き添いをしたり入院病棟の環境を整えたり(シーツ交換など)、食事の介助を行ったり、看護師が行うことができる医療行為以外の仕事をお手伝いします。

 

看護師が医療行為のみに専念することができれば、より多くの患者さんのサポートをすることができますよね。

 

だからこそ、看護師がかかえるたくさんの仕事をお手伝いをする看護助手の仕事は注目されているのです。

 

看護助手の資格を取得する意味とは

看護助手の資格は民間資格であり、看護師の資格とははっきりとした違いがあります。

 

看護師が行うことができる医療行為をすることはできませんし、本来であれば資格がなくてもできる仕事です。

 

しかし、看護師のお手伝いをするということは少なからず「現場に対する理解」が必要になりますし、看護助手とはどういう風に働くのか、どう看護師のサポートをするのかはきちんと知っておかなければなりません。

 

看護師の仕事との線引きがどうなっているのか。そして、その線引きをしたうえで自分がどう働くのか、を知っておくことは必要なことです。

 

資格を取得するうえで学習をするということは、その仕事の内容について学ぶということになりますので、それだけでも看護助手の資格を取得する価値はあるでしょう。

 

ここから看護師や介護福祉士を目指す人も

看護助手は通信講座などもあり、比較的取得しやすい資格です。

 

パートやアルバイトの募集が多い看護助手ですが、この資格を取得してから実際に仕事をしてみて「看護師になりたい」「介護福祉士になりたい」という夢を持ち、これらの資格取得のために頑張っている人もいるそう。

 

そういう意味では「次の夢につながる資格である」とも言えるでしょう。

 

看護助手の資格から次の夢が生まれることもある、そういう素敵な資格でもあります。