看護助手の求人状況はどう?

仕事はアルバイトや契約社員での募集が多数か?

看護助手の仕事の求人をみると、正社員ではなくアルバイトや契約社員の募集が多い様です。

 

このため、お給料は比較的安めと言われていますが、手術がない休日は出勤が無いなどの配慮をしてくれるところもあるそうなので、働く場所を選べば土日に休むことも可能なようです。

 

また、アルバイトや契約社員、派遣社員となると結婚している女性にとっては選びやすい職場かもしれません。

 

どんな仕事をするのかは、やはり働く場所によって大きく違いが出てきます。

 

具体的に「こういう仕事がしたい」という希望がある場合は、事前に求人票をみたり面接の際に確認されておくことをお勧めします。

 

看護助手の仕事は、本当に病院によって大きな違いがあるということが解っていますので、求人をいくつか見比べて「どこが一番自分にやりたい仕事をさせてくれるのか」を調べましょう。

 

そこから准看護士や看護師を目指せることも

看護助手として仕事をしているうちに、どんどん医療の世界が気になり始め「看護師を目指したい」と考える人も多いそう。

 

看護助手の仕事は医療行為を行うことができませんので、「できれば看護師の資格を取得してもっと深い仕事に関わってみたい」と考える人もたくさんいるようです。

 

そういう場合、病院によっては准看護師などを目指すことができるように「資格取得支援」をしてくれることも。

 

資格取得支援制度があると、資格を取得するために必要なお金を負担してくれたり、貸してくれたりします。

 

また、きちんと学校に通うことができるように時間の都合をつけてくれることもありますので、准看護師を目指しやすくなるでしょう。

 

もし、将来的には看護師を目指したいと考えている人は「資格取得支援制度」がある病院を選んでおくと後に楽かもしれません。

 

看護助手の求人はわりと多く出ているようですが、「自分がどう働きたいのか」「将来にわたって看護助手を続けるのか、それとも別のステップを踏むのか」でだいぶいろいろなことが違ってきますので、最初にきちんと考えておかれることをお勧めします。