看護助手の資格が人気の理由とは?

看護助手の資格って人気があるの?

今は高齢化社会で、お年寄りが非常に増えている時代です。

 

それに伴い、介護施設などで働く看護師の需要が高まっており、医療業界では慢性的に看護師が不足していると言われています。

 

だからこそ、看護師が本来の業務である医療行為に集中することができるように、他の雑務を引き受ける看護助手の需要も高まっています。

 

需要が高まっていることで、求人サイトなどで看護助手の募集をかけるところも増えてきました。

 

このことから、看護助手の資格が幅広く認知され、「こういう仕事をしてみたい」と考える人も増えてきたということもあります。

 

いずれにせよ、いま「看護助手」の仕事は非常に注目が集まっていると考えて良いでしょう。

 

資格を取得すると就職に有利?

そのような中で、看護助手の資格が人気を集めているのは必然とも言えます。

 

看護助手の仕事自体は資格がなくてもできますが、看護助手の資格を取得するまでの過程の学習で「看護助手とはどんな仕事なのか」を理解することができますよね。

 

また、そればかりではなく看護助手の資格をとることで「病院などに自分は看護助手としての知識と経験を積んでいる」というアピールをすることもできるようになります。

 

やはりどの病院も「即戦力で働くことができる人材」を欲しがりますので、それを考えると資格を取得するということは一定のメリットがありそうですよね。

 

看護助手の資格を取得するには?

看護助手の資格は民間の団体が資格認定を行っていますので、受験をして合格することで取得できます。

 

特に受験資格がなく、誰でも受けられるところなら独学で勉強して合格することも可能ですが、一部では「協会が認定する講座を修了することで、はじめて受験資格を得ることができるもの」もあります。

 

また、一部講座では「課程を修了したあとに申請すれば資格をもらうことができる」というものもあります。

 

まずはどんな資格があるのかを吟味した上で、自分に一番合っていると思う資格を選んでみることをお勧めします。