看護助手|仕事のやりがいはどんな部分?

看護助手として働くとき、やりがいを感じられないなら長く務めることは難しいでしょう。

 

一般的にハードな職場である病院において、看護助手はどんなところにやりがいを見出しているのでしょうか?

 

看護助手の仕事をして感じることができるやりがいとは?

看護師の仕事同様、もしくはそれ以上に綺麗とは言えない仕事をしなければならないのが、看護助手の仕事です。

 

一人では排泄できない患者さんのお手伝いや、オムツ替えなど、大変とも言えることを仕事として日常的にしなければならないので、肉体的にはもちろん精神的にも慣れるまで苦労することもあるでしょう。

 

そんな看護助手の仕事で感じることができるやりがいとは、人と接することから生まれることがほとんどでしょう。

 

患者さんからすれば、医師や看護師以上に身近な存在である看護助手は、もっとも感謝を捧げるべき相手になるでしょう。

 

看護助手は、治療などに直接携わることができません。しかし、患者さんの側にとっては、一生懸命身の回りを世話をしてもらえることは、何よりも嬉しいことに違いありません。

 

医療従事者として誇りを持って仕事をすることができる

医療従事者として、医師や看護師の指導のもと仕事を行う看護助手は、病院内で医療行為以外なんでも行う場合もあるでしょう。

 

そのため、看護助手の仕事に対して、なんでも屋のような印象を受ける場合もあるかも知れません。

 

しかしながら、看護師の使い走りであると看護助手の仕事を誤って卑下してしまう前に、もしも看護助手がいなかったらどうなるかを考えてみる必要があるでしょう。

 

そうなれば、ただでさえ人手不足な病院が、もっと大変なことになるのは明らかです。ですから、看護師とまったく同等ではありませんが、看護助手というカテゴリーの仕事に、誇りを持って従事することができるでしょう。

 

なんであれ自分の仕事に誇りを持って行うことができれば、やりがいを感じやすくなると言えるのではないでしょうか。