看護助手|仕事のどんな部分が大変?

看護助手の仕事に将来性を感じて、資格取得を目指そうと思う方も多いでしょう。

 

看護助手の仕事にやりがいを見出す人も多くおられますが、楽しいばかりが仕事ではありません。

 

病院の縁の下の力持ち的ポジションである看護助手の仕事は、どんな部分が大変なのでしょうか?

 

看護助手の仕事はタフさが求められる

人と接する仕事である看護助手は、主に元気な人というよりも、病気や怪我で入院している人のお世話をすることがあるでしょう。

 

そんなとき、患者さんの苦しんでいる様子を見るのは、心の痛むことかも知れません。

 

しかも、医療行為に携わることを許されていない看護助手は、患者さんの物理的な痛みを緩和してあげることができません。

 

そんな状況を目の当りにしなくてはならないため、身体的にタフなのはもちろん、精神的にもタフさが求められると言えるでしょう。

 

痛みや不調を訴える患者さんたちに、なにもしてあげられない自分の状況をもどかしく思うかも知れません。

 

そのような場合には、実際に患者さんたちに医療行為を施すことができる看護師を目指すようになる、そんな看護助手の方もおられます。

 

どんな仕事も嫌な顔せずに行う看護助手

清掃から患者さんの洗髪に至るまで、または、医療器具の設置や書類の配送など、医療行為以外の仕事でオールマイティな活躍をする看護助手の仕事。

 

病人や怪我人のお世話をすることは、綺麗な仕事ばかりではありません。患者さんの排泄物の世話や後片付けなどを任されることも、看護助手としての仕事に含まれます。

 

他にも、命に関わる現場で働く仕事のため、看護助手とはいえ厳しく指導されることもあるでしょう。

 

患者さんをはじめ、多くの人と接する仕事なので、理不尽なことを言われたり、割り切って仕事をしなければならないときもあるでしょう。

 

それでも、自分の仕事を責任感を持って行うならば、最初は辛いと思えたことでも他の仕事と同じように、やがて慣れることができるでしょう。