看護助手|通信講座にはどんなものがある?

効率よく看護助手の資格を取得しようと思うのであれば、通信講座がおすすめです。

 

ポイントを押さえたテキストと、的確な指導で短期間で資格取得を目指すことができる看護助手の通信講座には、どんなものがあるでしょうか?

 

資格が取得できる通信講座とは?

看護助手の資格が取得できる通信講座の中には、ヒューマンアカデミーの看護助手講座があります。

 

こちらの講座では、約3ヶ月の学習期間の間に看護助手の仕事をする上で必要になる事柄を学ぶことができます。

 

講座受講修了後には、全国医療福祉教育協会によって、看護助手実務能力認定研修の修了認定証が授与されます。

 

また、認定証だけではなく、看護助手としての資格が欲しいのであれば、受験願書申請をして全国医療福祉教育協会が認定する看護助手実務能力認定試験(R)を受験することもできるでしょう。

 

メディカルケア・サポーターの通信講座とは?

技能認定振興協会が認定している、メディカルケア・サポーターの資格が取得できる、ソラスト教育サービスの通信講座。

 

こちらの講座では、ベッドメイキングから医療機器や診療材料の扱い方、そして看護助手として働く際に必要になる知識を網羅した内容の講座となっています。

 

およそ3ヶ月間で看護助手になるために必要な知識を学ぶことができますが、12ヶ月の在籍期間が許されているため、忙しくて学習時間がなかなか取れない方でも自分のペースで学ぶことができるでしょう。

 

また、がくぶんの主催しているメディカルケア・アシスタント養成講座では、メディカルケア・アシスタント評議会が認定する看護助手の資格が取得できます。

 

こちらの講座を修了するなら、しっかりとした就職サポートを受けることが期待できます。がくぶんを通して派遣会社へ無料登録をするため、いち早く看護助手として医療現場で活躍する道が開けると言えるでしょう。

 

通信講座で看護助手について学び資格取得をするなら、自分の条件に合った病院を選ぶことが可能になることもあるでしょう。