看護助手の資格取得にかかる期間はどれくらい?

ニーズの高い医療現場で働くことができる看護助手は、最近注目を集めている資格の一つと言えるでしょう。

 

数年かけて国家資格を受験しなければならない看護師よりも、即医療現場を仕事場とすることができる看護助手ですが、その資格取得期間はどれくらいなのでしょうか?

 

資格取得にはどれくらいの期間が必要?

いつかは病院で人の役に立つ仕事を手伝いたい、と思っていた方にぴったりの仕事である看護助手ですが、その資格取得期間は意外にも短いものとなっています。

 

民間の資格であるため、通信講座などの民間教育機関が主催している講座を受講して、看護助手の資格を取得することができるでしょう。

 

その場合の看護助手の資格取得にかかる期間は、4ヶ月から半年ほどとなっています。

 

実際に介護の現場などで活躍したことのない方であったとしても、看護助手の仕事内容について事前に学んでおくなら、就職や転職の際に有利に働くこともあるでしょう。

 

また、看護師の勉強をしながら看護助手として病院に勤めることもできるでしょう。

 

その場合は、まだ看護助手の資格を取得していなかったとしても、病院側に受け入れてもらえることがあるかも知れません。

 

資格取得を目指すなら同時に働ける場所も探しておこう

半年ほどで看護助手の資格が取得できてしまいますが、資格取得後にすぐに学んだことを活かしたいのであれば、なるべく早めに看護助手の求人募集口を探しておく必要があるでしょう。

 

もちろん、しっかりした体制の病院においては、新しい看護助手に対して研修を行うところもあり、少しくらい資格取得後のブランクがあったとしても大丈夫でしょう。

 

しかしながら、せっかく取得した看護助手の資格が無駄にならないようにしたいのであれば、看護助手の資格取得勉強を始めたと同時に、看護助手の求人動向にもよく注意しておきましょう。

 

そうするなら、良い条件で働けそうな求人があった場合、積極的に動くことができると言えるでしょう。