看護助手の資格|おすすめの本&テキストは?

看護助手の資格を確実に一回の受験で取得しようと思うのであれば、市販の看護助手のテキストでしっかり勉強することも大切でしょう。

 

そこで今回は、看護助手の資格取得勉強におすすめのテキストや本をご紹介したいと思います。

 

資格取得を目指す方におすすめのテキスト

看護助手の資格を独学で取得する予定の方はもちろん、看護助手の通信講座を受講している方であるなら試験対策として、市販のテキストを購入することもあるでしょう。

 

そんな方たちにおすすめのテキストとしては、まず全国医療福祉教育協会が発行している公式テキストである「看護助手実務能力認定試験 公式テキスト」があげられます。

 

独学で看護助手を目指す方であるなら、このテキストで学習するだけで、試験の出題範囲を網羅することができるでしょう。

 

他にも、全国医療福祉教育協会が推奨している本としては、「図解からだのしくみ大全」(永岡書店)があります。

 

勉強をするのにぴったりな本とは?

看護助手の資格取得の学習をするのであれば、看護師資格を取得する学習書を参考にすることもできるでしょう。

 

看護師ほどには専門知識を必要とはされない看護助手の仕事ですが、それでも看護師に必要な知識を身に付けているなら、仕事を円滑に行うことができるでしょう。

 

『看護補助者のための医療現場入門』(経営書院)では、看護助手としてなにが求められているのかを学ぶことができます。

 

また、「早わかり 看護”聞き言葉”辞典」(照林社)では、一般人には難しい医療用語や略語などを学ぶことができる、実際的な本となっています。

 

看護助手の仕事内容を把握するための参考書としては、「看護職と補助者の業務整理&補助者教育マニュアル」(日総研出版)があります。

 

このマニュアルに目を通しておくなら、直接看護助手の資格試験には関係ないかも知れませんが、実際に医療の現場でどのような指示を受けることがあるのかを理解することができるでしょう。