看護助手の離職率はどれくらい?

せっかく仕事に就いたとしても、様々な理由で離職することになる方もおられます。

 

常に忙しくハードな職場である医療現場ですが、そこで活躍する看護助手の離職率はどれくらいのものなのでしょうか?

 

看護助手の離職率について

看護助手は、現在のところ多く求人募集されている仕事の一つです。常に求人が一定数あるというところから考えても、看護助手の離職率は比較的高いと言えるでしょう。

 

看護助手として勤め始めたとしても、数日で仕事を辞めてしまう人もいるようです。自分の想像していた仕事内容と、現実とがあまりにもかけ離れていたため、もしくは、対人関係で悩む方もおられるかも知れません。

 

基本的に体力に自信がある方でも、看護助手の仕事はきついこともあるでしょう。

 

特に、決められた時間内で食事の配膳や入浴補助をするときなどは、休む暇もなく動き続けることになります。

 

もちろん、勤め先の病院によっても状況は異なるでしょうが、体力を使う仕事に加えて、書類の整理やその他の病院内での雑用をこなしていく必要があります。

 

そのため、まだ仕事に慣れない内に自分の適正に疑問を感じ、離職することになるのでしょう。

 

看護助手の仕事を続けていくのは大変?

体力を使う仕事であり、排泄物の処理やポータブルトイレの洗浄などの仕事も行う必要がある場合があります。

 

決して綺麗な仕事とは言えないため、それに抵抗を感じる方には辛い仕事になるでしょう。

 

しかしながら、慣れてしまえば手際よく仕事をこなすコツが身に付き、働き甲斐のある職場にやりがいを感じることができるでしょう。

 

アルバイトやパートなどの非正規雇用の場合は、ハードな仕事に比べて賃金の安さに不満を抱くかも知れません。

 

しかし、看護助手として正社員として勤めることができれば、ボーナスや福利厚生を受けることができるでしょう。

 

看護助手は大変な仕事ですが、それだけやりがいを感じることができる職場であるとも言えます。