看護助手はどんな仕事をする?

最近、医療業界で注目されている仕事のひとつに「看護助手」があります。

 

医療業界では看護師不足に陥っており、その看護師がしっかりと自分の任務に集中できるようなお手伝いをするのが、看護助手です。

 

看護助手は医療行為をすることはできませんが、それ以外で看護師が担う業務を引き受けることになり、もちろん患者さんと触れ合うことが非常に多い仕事になるそう。

 

今後の医療業界で、必然性が高まって行くと思われるお仕事のひとつです。

 

具体的にどんなお仕事をする?

医療行為以外で、看護師の仕事となっているものをお手伝いします。

 

例えば、食事の介助。入院病棟がある病院にはたくさんの患者さんが入院していて、その中には自分で食事をすることが難しい人がいます。そういった患者さんがきちんと食事をとることができるように、看護助手が介助を行います。

 

また、入浴の介助もそうですね。仮に入院をしていたとしても、身体はきちんと清潔を保っていなければ第二の病気を誘発することもあります。

 

なので、患者さんがきちんと体の清潔を保つことができるように、入浴の介助を行います。

 

他にも、診察の際は診察室まで患者さんを誘導したり、病院内の備品の補充や整理をするなどしたり、看護助手の仕事には本当にたくさんのものがあります。

 

看護師や医療関係者がスムーズにお仕事をすることができるように、病院の環境を整えたり整理整頓をすることも看護助手の仕事になりますので、看護助手の仕事は本当に多岐にわたることがわかるでしょう。

 

患者さんと触れ合う

食事や入浴の介助もそうですが、これらの仕事は患者さんとのコミュニケーションをとることが必要になるとても重要なお仕事になります。

 

患者さんが安心して病院を訪れることができるように、病院生活をすることができるように、きちんと支えていくことも看護助手の非常に重要な仕事になりますので、隅々まで気を配って患者さんに接しなければなりません。

 

奥が深い仕事であり、やりがいも大きいということは間違いありませんので、「医療の現場で少しでも自分の力を役立ててみたい」と考えるひとにお勧めしたい仕事です。